台湾旅行5日目(台北⇒帰国)

台湾旅行もいよいよ帰国日を迎えました。
実際に訪れるまでは台北だけで4泊5日も見るものあるのか?
と不安でしたが、全然見足り無い、1週間くらいは余裕で過ごせそうです。
絶対にまた来なければ、と思いました。


最終日はホテルの朝ごはんです。
ちなみに、宿泊ホテルは老爺大酒店(ホテル・ロイヤル・タイペイ)です。


おおっ、めちゃめちゃ豪華です。


焼売や大根餅など中華料理が充実しています。


もちろん、定番の朝ご飯メニューもあります。


オムレツも作ってもらいました。


さすが台湾、フルーツが充実しています。


久しぶりのコーヒーを飲みました。
名残惜しいのですが、荷物をまとめてチェックアウト。


桃園国際空港に着きました。
空港には台湾の伝統芸能である布袋劇の人形が展示してありました。
嬉しい事に、三国志の人形でした。
こちらは張飛と関羽。
どちらが誰かはもはや説明不要ですね。


こちらは映画レッドクリフでもおなじみ、呉の武将、周瑜です。


関羽の息子の関平。
マニアックなチョイスです。


向かって左が劉備で、右が呂布です。
日本では猛将のイメージがある呂布ですが、本場の中国では女好きで軽薄なイメージの方が強いそうです。
なので、服装もお洒落でピンク色の服を着てちょっとチャラチャラした感じです。


左の緑の衣装を着ているのが趙雲。
青い衣装で背中に旗を指しているのが馬超です。
この旗を指しているのは背後に騎兵を引き連れているという設定だそうです。


なかなか興味深いディスプレイでした。
三国志ならほとんどストーリーが分かるから、中国語が分からなくても楽しめそうです。
布袋劇を見てみたくなりました。


ラウンジにやってきました。
台湾では日本以上にヤクルトをよく見かけました。


お菓子も充実しています。


飲茶もホカホカ。


マンゴープリンです。
非常に美味。


ケーキもあります。
さっき朝ご飯を食べたばかりというのに、食べ過ぎ!


到着してから最終日までずっとお天気には恵まれませんでしたが、それを補って余りあるほど魅力的な国でした。


とうとう離陸してしまいました。
帰りもJALです。


お昼ご飯の機内食です。
こちらは牛肉の煮込み料理。


こちらは豚しゃぶだったかな?
結構美味しかったです。

台風など天候には恵まれませんでしたが、非常に充実した旅でした。
一つだけ台湾旅行の難点を挙げるとすれば、旅の感傷にひたる間も無く、あっという間に日本に連れ戻されてしまうという点でしょうか。
最近ではLCC(ローコストキャリア)の飛行機の発着便数も増えてきているので、ちょっと美味しいものを食べに週末を利用して気軽に遊びに行ってもいいかもしれません。
ご一読ありがとうございました。

 

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら