7日目(エルミタージュ美術館その3)

とにかく広い!エルミタージュ美術館。
時間とともに人がどんどん増えてくるし、4か所しかないトイレはどこも長蛇の列です。
もしかすると、ここの観光が一番体力勝負だったかもしれない・・・。
疲れてきましたがもうひと踏ん張りです。

ロシア写真
印象派の画家のコーナーにやってきました。
モネの「ジヴェルニーの干草」です。

ロシア写真
ドガの作品です。

ロシア写真
ピサロの「パリのモンマルトルの並木道」です。

ロシア写真
ルノワールの作品です。

ロシア写真
ゴッホの「あばら屋」です。
緑が美しい作品です。

ロシア写真
ゴーギャンの作品です。

ロシア写真
マティスの「ダンス」です。
壁一面の大きな絵画でした。
色彩の美しさに見とれてしまいます。

ロシア写真
ピカソの作品です。

ロシア写真
「考える人」でおなじみのロダンの彫刻です。
こちらは考えていません。

ロシア写真
19世紀~20世紀の美術コーナーを抜けると、東方文化のコーナーがありました。
数は多くありませんが、日本の甲冑や浮世絵などが展示されていました。

ロシア写真
元帥の間にやってきました。
ここには黄金の馬車があるはずなのですが、不自然に何もないスペースが・・・。
もしかして海外に貸出中?
これは隣に置かれていたソリです。
カタツムリみたいでなんだかカワイイです。

ロシア写真
ニコライの間です。
歴代の皇帝の肖像画が飾られています。
こちらは、エカテリーナ2世。
エルミタージュ美術館はもともとエカテリーナ2世のコレクションを彼女専用の展示室として建てたものなんだそうです。
ロシアの皇帝ともなるとコレクションルームもスケールが違います。

ロシア写真
これで広さがわかってもらえるでしょうか。

ロシア写真
このエルミタージュ美術館ではネズミ退治のために地下で猫を飼っているそうですよ(=^・ェ・^=)
地球の歩き方には水は絶対に持ち込めない、と書いてあったのですが、普通に持ち込めました。
館内で販売されている水はかなり割高でした。

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら