7日目(エルミタージュ美術館その2)

ガイドさんいわく、エルミタージュ美術館には毎日チケットを購入して、観光客のふりをしてスリをはたらく人がいるんですとのこと。
手荷物はほとんどクロークへ預けましたが、ホントに気をつけないといけません。

ロシア写真
ラファエロの回廊です。
何気にラファエロが充実しています。

ロシア写真
ミケランジェロの彫刻です。
未完成だそうです。

ロシア写真
絵画だけではなく、展示品も充実しています。
これは中世の騎士像。
相当な重装備です。馬は重いでしょうね・・・。

ロシア写真
彫刻もたくさんならんでいました。

ロシア写真
宗教画などは、キリスト教についてあらかじめ予習しておいた方がより理解できたかもしれません。

ロシア写真
ベラスケスの「朝食」です。
4人いてるように見えますが3人だけなんですよ。

ロシア写真
レンブラントの「ダナエ」です。
硫酸をかけられ、ナイフで傷をつけられるという悲劇に見舞われた絵です。
修復作業はなんと12年もかかり、今でも完璧には修復できていないそうです。

ロシア写真
スネイデルスの間はこれまでの芸術的な絵画ではなく、広告絵が飾られています。
スネイデルスは猫が好きだったとのことで、絵の中にこっそり猫が描かれています。
分かりますか?

ロシア写真
ゴヤの「アントニア・サラテの肖像」。

ロシア写真
エル・グレコの「使徒ペトロとパウロ」。

ロシア写真
レンブラントの代表作の一つ「放蕩息子の帰還」。

ロシア写真
ルーベンスの「バッカスの饗宴」。
ルーベンスはお酒が飲めなかったので、お酒の神様であるバッカスを敢えて醜く描いたんだそうです。

ロシア写真
ジャン・アントゥアン・グロの「アルコル橋上のナポレオン」。
一度はどこかで見たことのあるナポレオンの肖像画です。
ナポレオンの隣には妻のジョセフィーヌの肖像画もありました。

ロシア写真
ジュピターの間にあるジュピター像。
写真ではわかりづらいですが、かなり大きくて威圧感があります。

ロシア写真
コリヴァンの壺の間にあるコリヴァンの飾り鉢。
19トンもあるそうです。
サンクトペテルブルクまで160頭もの馬が引く荷馬車で運んだそうです。

ロシア写真
古代エジプトの遺跡を展示しているゾーンは隠れた人気スポットです。
なんと、本物のミイラも展示されていました。

ロシア写真
これ、なんと当日の入場券を購入する人の行列なんです。
ガイドさんいわく「5時までには入れると思いますよ。」とのこと。ひゃーーーー。
エルミタージュ美術館を観光する際には絶対に事前に入場券を購入されることをオススメします。
「冬なら人が少なくてゆっくり見られますよ」とガイドさんはしきりにおっしゃっていましたが・・・。

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら