7日目(エルミタージュ美術館その1)

この日はエルミタージュ美術館を見学しました。
朝から本格的な雨が降っていたのですが、屋内の観光だったのでラッキーでした。
いよいよロシア観光の最終日です。

ロシア写真
とうとう、このホテルの朝食も食べ収めです。

ロシア写真
ミルク粥のようなもの。おいしかったです。
いつもの激甘パンを食べられませんでした、残念。

ロシア写真
この日は雨だったので、トロリーバスでエルミタージュ美術館へ向かいます。
トロリーバスは乗っているとお金を回収に来るので、その人に料金を支払います。
朝早かったからか、雨だったからか、バスは超満員で、一緒に乗ったガイドさんに「後ろの人の動きが怪しいから気をつけて!」と言われました。
緊張感漂うバスでした。

ロシア写真
エルミタージュ美術館に着きました。
到着直後が一番すごい大雨でした。

ロシア写真
大使の階段(ヨルダン階段)です。
建物そのものが美術品のようです。

ロシア写真
大階段を上った中央に飾られている像です。
1837年に大火があって、大半が焼失したそうですが、この像だけは残ったんだそうです。

ロシア写真
天井画です。
だまし絵になっていて、天井をより高く見せているのですが、わかりますか?

ロシア写真
ピョートル大帝の玉座です。
と言っても、造られたのはピョートル大帝の死後で、ピョートル大帝に敬意を表して造られたものだそうです。

ロシア写真
大広間です。
内装が素晴らしいです。

ロシア写真
大広間に据えられた玉座です。
こちらは本当に歴代の皇帝が座った玉座です。

ロシア写真
将軍の間へ到着しました。
歴代の将軍の肖像画を飾っています。
ところどころ抜けているのは、肖像画を作成したのが死後だったため顔が分からないからだそうです。

ロシア写真
エリザヴェータ1世の肖像画です。
彼女はピョートル大帝の娘で第6代のロシア皇帝です。

ロシア写真
パヴィリオンの間にある孔雀時計。
今でも動いていて、週に一度だけ羽を広げるとの事です。
私たちが行った日は残念ながら、羽を広げる日ではありませんでした。
残念。

ロシア写真
羽は広げていなくても、この人だかりです。

ロシア写真
孔雀時計の前にあるモザイクの床。
あまりの精密さに目を見張ります。

ロシア写真
空中庭園です。
最近、公開され始めたばかりなようで、ガイドさんから「ラッキーですよ。」と言われました。

ロシア写真
とにかく広くて迷路のようです。
30人のお客さんがいると必ず1人は迷子になる。
とガイドさんがおっしゃっていました。

ロシア写真
「ヴィーナスの誕生」で有名なボッティチェリの作品です。

ロシア写真
恐らく、ここがエルミタージュ美術館内の最高人口密度なんじゃないでしょうか。
レオナルド・ダ・ヴィンチの間です。
ベヌアの聖母です。

ロシア写真
こちらもレオナルド・ダ・ヴィンチの作品である「リッタの聖母」です。
美術や絵画に造詣が深くなくても、あまりの美しさに引き込まれてしまいます。
素晴らしすぎて、形容する言葉が見つかりません。

ロシア写真
続いてラファエロの間に到着しました。
コネスタビレの聖母です。
額縁もラファエロ自身で作成したものだそうです。

ロシア写真
同じくラファエロの聖家族。


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら