2日目(朝食&赤の広場)

ロシア二日目は、モスクワの中枢・赤の広場を中心に観光をしました。
この日は木曜日でクレムリンは閉まっているので、赤の広場のみとなりました。
ちなみに7月のロシアは想像以上に寒かったです。

ロシア写真
ホテルの朝ごはん。かなり充実していました。
スモークサーモンは日本のものと比べるとかなり塩辛かったです。

ロシア写真
パンは絶品でした。

ロシア写真
ホテルから赤の広場まで徒歩で15分位でした。
赤の広場に向かう途中にあるボリショイ劇場。
壮大で格式の高さを感じます。

ロシア写真
同じく、道の途中にある高級百貨店、ツム百貨店。
歴史を感じさせる建物です。

ロシア写真
こんな感じの道路が続きます。

ロシア写真
到着しました。赤の広場です。
赤の広場の赤というのは美しいという意味だそうです。

ロシア写真
手前の建物はカザンの聖母聖堂です。

ロシア写真
ヴァスクレセンスキー門です。
1931年にスターリンによって破壊されたものをソ連崩壊後の1995年に再建したものだそうです。

ロシア写真
レーニン廟です。
観光客の長蛇の列ができていました。

ロシア写真
高級百貨店のグム百貨店です。
入口は中国人観光客の集合場所になっていたようで、中国人でごった返していました。

ロシア写真
グム百貨店の内部です。

ロシア写真
ボクロフスキー聖堂です。
テトリスの背景画像としてもおなじみのロシアの象徴的な教会です。
通称である聖ワシリー寺院という名称の方が有名なようです。

ロシア写真
二度とこのような美しい建物ができないように、イワン雷帝が教会の設計者であるボストニクとバルマの二人の目をくり抜いてしまったそうです。
ちなみに、銅像の二人は1612年にモスクワをポーランド軍から解放したミーニンとポジャルスキー、と別人です。

ロシア写真
内部のイコンです。
聖人の絵を飾って信仰するのがロシア正教の特徴のようです。

ロシア写真
天井画も素晴らしいです。

ロシア写真
イコンで覆われた壁・イコノスタシスも壮麗です。
一つ一つはきらびやかなのですが、聖堂の内部は荘厳で落ち着いた雰囲気です。

ロシア写真
ミニコンサートも開かれていました。
ドーム反響した歌声がとても美しい響きで感動しました。

ロシア写真
ワシリー寺院をぐるりと観光して外へ出てくるとちょうど12時でした。
いきなり曇ってきました。

ロシア写真
国立歴史博物館です。

ロシア写真
赤の広場の周辺にはこういう感じのお土産物屋さんが軒を連ねていました。

ロシア写真
昼食はヨールキパールキというお店でいただきました。
ロシア国内に数多く店舗を有する人気のレストランチェーンです。
今回訪れたのは赤の広場と宿泊ホテルとの間にあるお店です。

ロシア写真
ビーフストロガノフです。
ちょっと味付けが濃いですが美味です。

ロシア写真
ロシア風水餃子のペリメニです。
想像していたよりも塩辛かったです。
写真がぼけてしまい、すみません。

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら