カリブ海クルーズ旅行記6日目(メインダイニングでの夕食)

トゥルム遺跡観光を終えて無事帰路へ。

再び、恐怖の高速船に乗らなくてはいけません。

car_d6_143

プラヤデルカルメンに到着しました。

帰りのバスはとても快適で、ついウトウト。

プラヤデルカルメンに到着するころには、だいぶ日も傾いていました。

car_d6_144

高速船に乗り、再び、コスメルへと向かいます。

今回は無事、2階のオープンデッキを確保できました。

car_d6_150

出港を待っていると、まさに日没を迎えようとしていました。

ぐおんぐおん揺れる船の上から、日没を撮影。(画像のタップ/クリックで動画が始まります)

日没の美しさを堪能するとともに、船の揺れを感じていただければ、と思います。

帰りの高速船は、船の揺れは相変わらず激しいものの、酔うことはありませんでした。

やはり、風に当たることでだいぶ違うのでしょうか。

ちなみに、船酔い対策について調べてみると、「満腹の状態で船に乗らない」とありました。

やはり、朝ご飯を食べ過ぎたことも酔ってしまった大きな原因のようです。

car_d6_154

コスメルに到着したころには、すっかり真っ暗になっていました。

乗船時間は過ぎているのですが、ノルウェージャンゲッタウェイで申し込んだツアーだったので船はちゃんと待っていてくれています。

朝、隣に停泊していたノルウェージャンスターはすでに出港してしまったようです。

car_d6_158

無事に到着。

お昼を食べていないのでお腹がぺこぺこです。

早速、部屋に戻り着替えてから、夕食を食べに行きます。

car_d6_159

二度目のSAVORです。

本当はTASTEでいただきたかったのですが、時間が少し遅れたせいか満席。

SAVORなら、待たなくてもスグに食べることができるとのことでした。

どちらも、出しているメニューは同じなのに、混み具合が違うって面白いですね。

car_d6_161

いつものパンです。

毎日、当たり前のようで出てきますが、とても美味しいです。

car_d6_162

カリフラワーのポタージュ。

カリフラワーの甘さがじんわりと美味しいスープです。

car_d6_163

メキシカン豆スープ。

カレーのようなちょっとスパイシーなスープでした。

car_d6_164

カラマリフライ。

こういうシンプルな料理が、実はめちゃめちゃ美味しかったりします。

量もたっぷりで大満足。

car_d6_165

やみつきシーザーサラダ。

スライスされたパルメザンチーズが良い仕事をしています。

car_d6_167

フライドチキン。

まさかの2種類です。

ボリューム満点。

それにしても、揚げ物&揚げ物と、ちょっと失敗してしまったかも。

car_d6_168

サーモンムニエル。

日本で食べる、鮭の切り身5切れ分ぐらいはありそうです。

下の緑色のペーストはポテトでした。

魚とあなどっていたら、けっこうお腹にずっしりと貯まります。

car_d6_169

デザートはチョコレートクレープ。

チョコレートがほろ苦くて、甘いソースと良く合います。

car_d6_170

デザートその2はナポレオン。

以前訪れたロシアでも「ナポレオンが人気」とガイドさんが言っていました。

いわゆる、ミルフィーユのことのようです。

上の白い板状のもの。

ホワイトチョコレートではありません。

何やら砂糖をペースト状にしたようなもの。

なんじゃ、この甘さは。

遺跡観光の疲れも吹っ飛びました。

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら