カリブ海クルーズ旅行記4日目(ジャマイカ・オーチョリオス観光)

いよいよ寄港地に到着。

まず、最初の寄港地はジャマイカのオーチョリオス。

オチョ(8つの)リオス(川)という地名の通り、川が多く、滝が有名だそうです。

今回は、ツアーには申し込まず、町を自由に散策する予定です。

ちなみに、オプショナルツアーには「ダンズリバーの滝登り」や「ボブスレー体験」などがありました。

car_d4_001

朝ご飯はオシーハンズでいただきました。

フレンチトーストとオムレツにハッシュポテトのセット。

見た目は厚揚げのようですが、フレンチトーストが非常に美味しかったです。

car_d4_002

オーチョリオスに到着。

「オーチョリオスに到着しました」とか、そんなアナウンスも無く、すいーっと着岸です。

car_d4_005

船内には到着時刻と、いつまでに船に帰ってこなくてはいけないか、が表示されています。

今回、コーディネーターさんに厳しく言われていたのが「乗船時間には絶対に遅れないように」ということ。

乗船時間に遅れても、船は待ってくれないんだそうです。

万が一、船に乗り遅れたら自腹で飛行機を手配して船を追いかけなくてはいけません。

特にカリブ海だと、寄港する国がそれぞれ異なるので、かなり面倒なことになるようです。

もちろん、船内のオプショナルツアーに参加している場合は、遅れても船は待っていてくれるとのこと。

今回は、オプショナルツアーに参加せずに自由行動なので気を付けなくてはいけません。

car_d4_008

下船時には、乗船カードを器械に通して上下船をチェックしています。

パスポートってどうなるんだろう?と疑問があったのですが、パスポートはノーチェック。

当然、出入国時に押してもらうスタンプもありません。

海外旅行好きの僕としては、パスポートにスタンプが増えるのも楽しみの一つだったので、ちょっと寂しいですね。

car_d4_016

港にはお土産屋さんが軒を連ねています。

気候はじめっと湿度が高く、日差しが強く、日本の夏のようです。

ただ、日本の夏のように体力を消耗するような暑さではありません。

car_d4_021

港のすぐそばにはビーチもあります。

この日、オーチョリオスに寄港したのはノルウェージャンゲッタウェイだけだったようで、ほぼプライベートビーチ状態でした。

船内のタオルは持ち出し禁止とのことでしたが、皆さん普通に船内のタオルを使っています。

car_d4_025

ビーチをさらに進むと、お土産屋さんやレストランが立ち並んでいます。

まだ、朝早いので開店しているお店はまばらです。

car_d4_028

ジャマイカと言えば、レゲエの神様「ボブ・マーリー」。

ボブ・マーリー関連のグッズショップも数多く見かけました。

car_d4_030

公園にはボブ・マーリーの銅像もあります。

car_d4_035

オーチョリオスはさほど大きな町では無いようで、交通量もそれほど多くありません。

観光タクシーが多く、しきりに「滝に行かんか?」と声をかけられます。

しかし、さほどしつこく無く、「行かない」というと、すんなりと引き下がってくれます。

car_d4_036

街角ラム酒バーもあります。

car_d4_038

到着しました、タージマハルです。

本当にタージマハルという名前のショッピング街です。

ここで、お土産を物色したいと思います。

car_d4_040

何やら陽気な音楽が聞こえると探してみると、スチールパンの生演奏。

かと思いきや、音楽を流しているだけの、エアスチールパン演奏でした。

まんまと騙されました。

car_d4_042

1階にはお土産物屋さんが並んでおり、2階はカフェなど飲食店が多かったです。

まだ、午前中ということで、2階のお店はほとんど閉まっていました。

宝飾品のお店の前を通ると、露骨なまでにエアコンの冷気を感じます。

car_d4_041

なんだか見覚えのあるキャラクターたち。

見切れている白黒のぬいぐるみは、カンフーをするパンダ。

他にも、ナイキの「JUST DO IT(今すぐやれ)」をもじった「JUST DO IT, LATER(後にして)」Tシャツなどなど。

個人的にツボにハマる商品が数多くありました。

car_d4_046

お土産物屋さんはジャマイカのラスタカラーで溢れています。

ボブ・マーリーの他、陸上のウサイン・ボルトのグッズも数多くありました。

基本的に、どのお店もあまりやる気が無いのか、押し売り感が無く、気楽に見て回れます。

car_d4_047

街を歩いていても、時折、ノルウェージャンゲッタウェイの姿が垣間見られます。

船体の下半分が隠れていると、ホテルと間違えそうです。

car_d4_048

ぶらぶらと歩いていると、タートルリバーパークという公園に着きました。

お、何か面白そう。

ということで、早速中に入って見ます。

car_d4_052

けっこう広い公園ですが、人がほとんどいません。

car_d4_055

注意事項があれこれ書かれています。

しかし、カメはどこに……。

car_d4_056

いました、カメです。

コケまみれです。

あまりカメのことは良く知りませんが、ミドリガメかな?

日本では特定外来種に指定されていたはずですが、ジャマイカでも大量に繁殖しているのでしょうか。

私たちの前を歩いていたカップルが、「なんだつまらん」みたいな感じで、すたこらさっさーと帰って行ってしまいました。

カメには申し訳ないけれど、確かにちょっと期待はずれだったかも。

car_d4_058

港の周辺でよく見かけたツアーバス。

とにかく派手です。

car_d4_059

港近くまで戻ってきました。

ジャマイカはコーヒーやラム酒の他、ジャークチキンが有名とのこと。

港周辺にはジャークチキンのレストランが立ち並んでいました。

ジャークチキンは調味料に漬け込んだチキンを、焼いただけのシンプルな料理。

味付けに定義は無いらしく、お店によって味が異なるそうです。

店先で直火でもくもくと焼いているので、とにかく食欲をそそられます。

car_d4_063

この、ギターのおっちゃんの傍らにはジャークチキン屋台がありました。

とにかくすごい煙で、「チキンの良い匂い攻撃」をしてきます。

さらに、1本6ドルという安さ。

心がそそられますが、チラッと見てみると1本がかなりデカイ。

クリスマスに食べるもも肉ぐらいの大きさはあります。

「あんなん食べたら、お昼ご飯どころか夜ご飯も食べれないのでは?」と冷静な判断をし、諦めました。

car_d4_064

さらに、ジャークチキン屋台の傍らにはココナッツジューススタンド。

行きはなんとも思わなかった屋台が、街を散策して帰ってくると途端に魅力的に見えます。

car_d4_065

ということで、ココナッツジュースを注文。

店頭に並んでいるココナッツではなく、冷蔵庫に仕舞ってあるココナッツを切ってくれます。

めちゃめちゃ冷たい、というほとではありませんが、やや冷たいです。

car_d4_067

甘すぎないところが良いです。

car_d4_070

船を降りた時には人影がまばらだったビーチもおおにぎわいです。

car_d4_073

お昼ご飯を食べに船に戻りたいと思います。

水着のまま帰って行く猛者もいます。

car_d4_077

出国検査のゲートはけっこう混んでいました。

一人一人手荷物を検査されます。

空港のようなX線ではなく、カバンを開いて中を見せるというもの。

コンサート会場などの手荷物検査と同じですね。

その後、金属探知機ゲートをくぐって何も無ければOKです。

car_d4_079

無事に出国ゲートを通過。

船までの桟橋がけっこう長いです。

car_d4_082

ノルウェージャンゲッタウェイの全貌。

大迫力です。

car_d4_084

いつまでも眺めていたくなるエメラルドグリーンの海。

car_d4_086

船の到着すると、入口では冷たいおしぼりと飲み物を用意してくれています。

これは嬉しい!

船内に入ると、まず乗船カードを提示。

その後、空港の手荷物検査同様、カバンをX線に通します。

寄港地でお酒などを購入した場合、ここで没収されて、船内預かりとなるようです。

手荷物検査で止められている人の大半は、お酒の持ち込みのようでした。

ダメもとで持ち帰る人が多いのでしょうか。

やはりクルーズ船にとってお酒は大きな収益源なので、持ち込みは厳しいようです。

僕はお酒が飲めませんが、お酒が好きな人なら、やはり現地の名酒を持ち帰ってじっくりと堪能した気持ち、分からなくも無いです。

car_d4_087

部屋に戻ると、ペンギンがお出迎え。

せっかく作ってくれたのに、タオルとして使うのがもったいなくなります。

car_d4_089

船に戻ると、意外と人がわんさかと溢れていました。

あれ?港に停泊したら船内は空いているのでは?

どうやら、僕たちと同じように、午前中は観光に行って、午後に帰ってくる人が多かったようです。

時間がすでに2時ということもあって、お昼は軽く済ませて夜に備えることにしました。

ガーデンカフェで、ビュッフェ料理をいただきます。

まずはマカロニのスープ。

マカロニがのびててちょっと微妙な感じ。

car_d4_090

続いてサラダ。

とにかく野菜は貴重です。

car_d4_091

デザートのバナナケーキとアイスクリーム。

バナナケーキは悶絶するような甘さです。

日本ではなかなかここまで甘いケーキは無いと思います。

アイスはグレープとミント。

こちらも1すくいがめちゃめちゃデカイ。

car_d4_092

さらにフルーツ。

ケーキを食べた後にフルーツというのもちょっと食べ過ぎな気がします。

午後はずっと気になっていた、ウォータースライダーとロープコースに挑戦です。

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら