クロアチア旅行2日目(昼食&ドブロブニク旧市街散策)

午前中のドブロブニク旧市街の城壁散策後、旧市街内にあるレストランで昼食を取った後、城壁内部の旧市街を散策しました。
しかし、昼食を取り終えた頃から雨が降り出しました。
結構風も強かったのですが、傘をさしながら旧市街内を散歩しました。
建物はもちろん、屋根にある彫像が非常にすばらしかったです。


城壁の遊歩道からもよく見える、旧港にあるレストラン・Lokanda(ロカンダ)で昼食。
まずはタコの揚げ物。
塩味がほどよく効いていました。


スカンピのガーリック炒め。
頭の角が喉に刺さり苦労しましたが、非常に美味でした。
両方ともものすごい量でした。


プラツァ通り。
食事の後から雨が降り出しました。
おかげで大理石の道路はツルツルすべりました。


城壁から見て味のあった裏路地はどこから見ても味がありました。


路地裏のレストランも雨のせいで人がまったくいませんでした。


路地裏のポスター。


路地裏から目抜き通りのプラツァ通りに戻ってきました。


ルジャ広場の象徴、ローランドの像。
1418年に製作された非常に古い像です。
右手の肘から手までが51.2cmあり、当時の布取引の物差しになっていました。


スポンザ宮殿の外壁。
スポンザ宮殿は中世時代、商業・交易の場として使われていました。


スポンザ宮殿の内部。


ルジャ広場から見たプラツァ通り。
約200mの短い距離です。


聖ヴラホ教会。
改装中で入れませんでした。
ドブロブニクの守り神・聖ヴラホを祀っています。


聖ヴラホ教会の屋根の像。


一つとして同じ彫像はありませんでした。


どれも大きく、すばらしかったです。


オノフリオの小噴水。
味のあるデザインです。


表通りと言っても、どこも短い距離です。


ドブロブニクの象徴・大聖堂。
12世紀に建てられたものの、1667年震災にあい、その後1713年に再建され現在のようになりました


ドブロブニク大聖堂の屋根の像。


こちらもすべて異なる彫像です。


雨で濡れたのが逆に神聖な感じを醸し出してくれました。


大聖堂でお祈りする人。


随所に噴水があります。
どれも面白いので、見ていて飽きません。


旧市街の中にはレストランやカフェが思っていたよりありました。


高級ホテル・Pucic Palace(プチチパレス)のあるOd Puca通り。


裏通りにも味のある建物が満載です。


魅力的な看板を見つけました!


旧市街とヒルトンインペリアルの間の道すがらにとまっていた、年代物の車(フロントビュー)


リアビュー。一体何年前の車なのでしょうか・・・。


宿泊したヒルトンインペリアルに戻ってきました。
旧市街からは徒歩数分と観光には非常に便利な立地です。
訪れた2006年当時はオープン直後だった事もあり、非常にきれいですばらしかったです。

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら