中国・三国志旅行5日目(ひたすら車移動&五丈原)

夜行列車で一晩かけて移動する距離を、なんと車で5時間で移動してしまうとのこと。
しかも山道。本当に大丈夫なのかなぁ、と内心不安。
昨日も訪れた、蜀の桟道をずんずん越えて、車は山道へ入っていきます。
途中、通行止めに遭ったり、雨が降って来たりで、かなり時間をロスしてしまいました。
はたして、時間内に五丈原へとたどり着けたのか?


漢中の町に突然現れる、蜀の武将・魏延(字:文長)が殺されたという場所。
地元スーパーの一角にありました。
言われなければ、絶対にわかりません。


蜀の北伐ルートに沿って、車でひたすら移動です。
のどかな風景です。
天気が悪いのが残念です。


途中、山道が随所でがけ崩れをおこして、2車線の道路が1車線になっていました。
案の定、途中で事故があったため、通行止めになっているとのことで、来た道を延々引き返して、別ルートでやり直し。
五丈原観光、間に合うのかな?


途中で腹ごしらえ。
一体どこの街なのか、全く分かりません。
時間はすでに午後2時ごろ。
お腹ぺこぺこです。


豆腐料理。
完全に地元の味付け、結構辛い。


じゃがいもとピーマンを炒めた料理。
今回の旅行で何度か出てきていますが、結構ハマります。


トマトと玉子のスープ。
結構さっぱり。


坦々麺らしきもの。
でも、思ったほど坦々麺ではありませんでした。


鶏肉を炒めた料理。
ぶつ切りにされた、爪が付いたままの足が…。
トサカが付いたままの頭がごろん…。
味付けはおいしかったんだけど、かなりムリでした。
気を取り直して、五丈原へ向かいます。


ようやく到着しました。五丈原。
諸葛亮が魏の司馬懿と戦い続け、最後は亡くなってしまった場所です。
三国志好きにとってはとても感慨深い場所です。


が、間に合わず!
すでに閉まっていました。
当初は14時ごろ到着予定だったのですが、閉門直後の18時過ぎに到着。


隣の三国城も当然閉館していました。
今回の旅のメインイベントの一つと位置付けていたのに、残念です。


雨が冷たいし、なんだか心まで寒い(´・ω・`)


霧のせいか、人通りもほとんどなく、すごく寂しい場所でした。
気を取り直してここから西安市内へ向かい夕食をいただきます。


西安はさすがに大都会。
この日は金曜日だったこともあり、どのお店も満席。
予約が無いとなかなか入れないという状態。
そこで、ガイドさんの行きつけのお店へ連れて行ってもらいました。
回族(イスラム教徒)のお店です。


ジャガイモを炒めた料理。
見た目よりも濃い味付け。


小龍包です。おいしそう!
が、中身は全て羊肉。
かなりクセがあります・・・・。


こちらも、見た目はかなりおいしそう。
ですが、中身は羊肉で、結構ニオイがキツイ。
いつまでも口の中に後味が残ります。


とにかく寒かったので暖かいスープはうれしかった
のですが、スープ自体は味があまりしなくて、中には、刻んだ羊の内臓が・・・。
羊自体はそこまで苦手でなくて、ケバブとかジンギスカンなら全然平気。
でも、蒸したり、茹でたりした羊は結構ニオイがキツくて、正直、あまりなじめませんでした。
三国志関連の観光はここまでで、明日は西安観光です。

 


関連記事


はじめまして

car_d5_052_profile

名前:シンイチ&ミユキ

2001年の結婚以来、ほぼ毎年海外旅行に行っています。実際に訪れた国々の事を写真をまじえた旅行記として報告します。他にも実体験を元にしたお役立ち情報も紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。夢は世界100ヶ国を訪れる事!

連絡用メールフォームはこちら